週末のレビュー

海外サッカーの話題中心に翻訳してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鹿島アントラーズ奮闘光るも―レアル・マドリーに2-4で敗戦―海外の反応―

3B7E04F700000578-4045412-image-a-19_1482069711309_convert_20161219011605.jpg
3B7D85AC00000578-0-image-a-30_1482062285819_convert_20161219011538.jpg




続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/12/19(月) 01:42:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

今年のCLでも存在感を魅せるシメオネのアトレティコマドリー、バイエルン相手に1-0での勝利を物にする―海外の反応―

CteAoCRUsAA6XEs.jpg

アトレチコがCLホーム戦でバイエルンを撃破! 指揮官は自画自賛「最高の出来だった試合の一つ」

昨季CL準決勝と同様の注目カード 前半35分にカラスコが値千金の先制ゴール
 現地時間28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の注目カード、アトレチコ・マドリード対バイエルン・ミュンヘンはホームのアトレチコが1-0で勝利した。スペイン紙「マルカ」は、アトレチコを率いる闘将ディエゴ・シメオネ監督は「オレが率いてから最高の出来だった試合の一つだ」と自画自賛したと報じている


Football ZONE web




続きを読む
  1. 2016/09/29(木) 15:33:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

俺達のバロテッリが帰って来た!―マリオ・バロテッリ、新天地ニースで2ゴールの鮮烈デビュー―海外の反応―

バロテッリ、仏で2ゴールの鮮烈デビュー 敗れた対戦相手も「実は少しうれしい」

現地時間11日に行なわれたフランス・リーグ1第4節で、ニースFWマリオ・バロテッリが、2ゴールの鮮烈デビューを飾った。
 2014年にバルセロナ(スペイン)に移籍したFWルイス・スアレスの代役としてリヴァプール(イングランド)に加入したバロテッリだが、プレミアリーグ16試合で1得点しか決められず。昨季は古巣ミランに期限付き移籍したが、こちらでも20試合1ゴールに終わっていた。
 今季はリヴァプールで戦力外を言い渡され、ニースに移籍。17歳のときにインテル(イタリア)でデビューし、マンチェスターC(イングランド)でプレミアリーグ優勝も経験したバロテッリにとっては、これまでで最も小さなクラブへの移籍となった。
 ピッチ外でのトラブルもあり、近年は結果を残せなかったバロテッリだが、フランスデビューとなった一戦でいきなり2得点。7分にPKで初ゴールをマークすると、78分に右からのクロスに頭で合わせて2点目。完璧なコンディションではなかったが、随所にキレのあるプレーを見せ、チャンスメイクでも存在感を放った。チームもマルセイユを3対2と下し、首位タイにつけている。
 マン・オブ・ザ・マッチに選出されたバロテッリは、試合後に『カナル・プリュス』のインタビューに応じ、英語で「完璧だね」とコメント。フランス語でも「とてもうれしい。ありがとう。今は…マッサージ(を受ける)」と述べている。
 マルセイユFWバフェティンビ・ゴミは、「実はバロテッリのことは少しうれしく思っているんだ」とコメント。「リーグ1には彼のような選手が必要なんだよ」と、リーグのスターとなり得る対戦相手に賛辞を寄せている。(STATS-AP)
ISM

3838AA5200000578-3784402-image-m-68_1473630135516.jpg


続きを読む
  1. 2016/09/12(月) 16:52:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

悪童バロテッリ新天地決まる、リバプールからフランスの強豪ニースへ移籍―海外の反応―

fc2blog_20160901161755d8f.jpg


バロテッリの新天地が決定! 行き場を失った悪童を引き取ったのは?
 イタリア代表FWのマリオ・バロテッリの新天地が、移籍市場最終日の8月31日についに決定。サッカー界屈指の悪童を引き取ったのは、フランスのニースだった。

 今夏にミランからリバプールにレンタルバックするも、ユルゲン・クロップ監督の構想外となってセカンドチーム行きを命じられたバロテッリは、アヤックス、ベジクタシュ、サッスオーロ、キエーボ、クロトーネ、サンプドリア、ペスカーラなどへの移籍が取沙汰されるも、いずれも交渉は進展せず。行き場を失い、いわば宙に浮いた状態にあった。

 とはいえ、ここ数日は生まれ故郷のクラブであるパレルモ、ナポリ、そしてニースへの移籍話が浮上。結局は南フランスのクラブと契約を結んだ。

 なお、移籍金や契約年数などはニースもリバプールも発表していないが、「リバプールが契約解除に応じ、移籍金はかなっていない」と報じる現地メディアも多い。

サッカーダイジェストWeb

続きを読む
  1. 2016/09/01(木) 16:30:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日本代表、コロンビア代表に2-2で引き分け―海外の反応―

続きを読む
  1. 2016/08/08(月) 13:17:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
Powered by 複眼RSS 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。