週末のレビュー

海外サッカーの話題中心に翻訳してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香川2ゴール1アシスト!ロイス、ハット!ドルトムントはレギア・ワルシャワとの馬鹿試合を8-4で制す―海外の反応―

[UCL]香川真司、“壁を越えた”! 会心の2得点1アシストでドルトムント勝利に貢献


先発出場で結果を出す
22日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは本拠地でレギア・ワルシャワ(ポーランド)と対戦した。香川は公式戦4試合ぶりの先発出場を果たしている。

序盤から慌ただしく試合が動く。10分、右サイドでボールをキープしたオジジャがペナルティエリア中央へグラウンダーのパス。パスを受けたプリヨビッチがワントラップしてから素早く右足を振り抜き、ゴール左上に突き刺した。L・ワルシャワが先制する。

出鼻をくじかれたドルトムントであったが、ピッチの横幅を広く使った攻撃で反撃に転じる。すると17分、右サイドでボールを受けたローデがペナルティエリア内のデンベレにパス。パスを受けたデンベレが相手最終ラインの背後へ浮き球のクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ香川がヘディングで押し込んだ。1-1、ドルトムントが同点に追いつく。

同点弾から僅か1分後、ドルトムントが試合をひっくり返す。バイタルエリアでボールを受けたデンベレが中央の香川にパス。香川がワントラップしてから落ち着いて左足を振りぬき、ゴール右隅に流し込んだ。

20分、左サイドでフリーキックを得たドルトムントが追加点を挙げる。ロイスが上げた速い浮き球を、L・ワルシャワのGKチェルズニャクがパンチング。パンチングしたボールがシャヒンの胸に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

追加点を挙げたドルトムントであったが、守備面で集中力を欠いてしまう。24分にオジジャに右サイドを破られると、ベレシニスキのマイナスのクロスからプリオビッチに右足で押し込まれた。スコアを3-2とされる。

1点差に詰め寄られたドルトムントは29分、シャヒンからのロングパスを受けたロイスがデンベレにパス。デンベレが巧みなシュートフェイントから右足を振りぬき、再び2点差とする。直後の32分にはペナルティエリア左側を突破した香川のクロスにロイスが右足で合わせて得点を決めた。5-2とドルトムントが3点リードして前半を終える。

後半も壮絶な打ち合いとなった。52分、左サイドからのデンベレからのグラウンダーのクロスにロイスが右足で合わせて、スコアを6-2とする。

しかし、L・ワルシャワも反撃に転じ、57分にラドビッチからのロングパスを受けたクハルチクがペナルティエリア内に侵入し、ゴール左隅を破った。

81分、またしてもドルトムントが突き放す。右サイドを突破したプリシッチからの折り返しにシュールレが右足でシュートを放つ。シュートはGKに阻まれるが、こぼれ球にパスラックがヘディングで反応し、スコアを7-3とした。

ところが、ドルトムントは守備面での集中力を保てない。83分にニコリッチに右サイドを突破され、4失点目を喫してしまう。

後半アディショナルタイムには右サイドから抜け出したロイスがGKの股間をぬくシュートを放ってハットトリック。試合は8-4とドルトムントが大味な試合を制した。

ブンデスリーガ第11節バイエルン・ミュンヘン戦後に、自身のオフィシャルブログで「ずっと大きな壁が目の前にあり、そこを超えたい」と思いを綴っていた香川真司。巡ってきた先発出場のチャンスで精神力の強さを発揮し、チームの勝利に貢献した。


本当良かったです
ゴールで選手ノってけますからね!
仕事明けの記事作成で誤字脱字お見苦しいところあるかもしれませんが……


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/11/23(水) 12:53:54|
  2. ドルトムント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

裏切り者から神へ―ゲッツェに集まる称賛!香川所属ドルトムントは憎き宿敵バイエルンに競り勝つ―海外の反応―

3A8E9BFE00000578-3952968-image-a-3_1479581443463_convert_20161120065634.jpg

3A8E9DBA00000578-3952968-image-a-5_1479581478695_convert_20161120065422.jpg

3A8F5B5100000578-3952968-image-a-55_1479585074339_convert_20161120065818.jpg



Pierre-Emerick Aubameyang goal vs Bayern (1-0)


続きを読む
  1. 2016/11/20(日) 07:09:26|
  2. ドルトムント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

香川欠場ドルトムント、オーバメヤン”贖罪の”4ゴールで今シーズン未勝利のハンブルガーを5-2で粉砕―海外の反応―

オーバメヤンが名誉挽回の4発!!香川欠場ドルトが高徳ボランチのHSVを5発粉砕

[11.5 ブンデスリーガ第10節 ハンブルガーSV2-5ドルトムント]

 ブンデスリーガは5日、第10節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でDF酒井高徳所属のハンブルガーSVと対戦し、5-2で快勝した。前節のシャルケ戦で足首を打撲した香川は2日の欧州CLスポルティング・リスボン戦に続いて公式戦2試合連続のベンチ外。酒井は公式戦3試合連続でダブルボランチの一角として先発し、後半25分からは右ウイングバックでプレーした。

 3-4-3のシステムでスタートしたドルトムントは前半4分、左サイドを突破したMFクリスティアン・プリシッチのマイナスの折り返しをMFエムレ・モルが左足でシュート。GKが弾いたボールをFWピエール・エメリク・オーバメヤンが左足で押し込み、幸先よく先制点を奪った。

 チームの規律を破った懲戒処分としてスポルティング・リスボン戦でメンバー外となったオーバメヤンの名誉挽回弾。前半23分には相手のバックパスを奪ったモルのラストパスをオーバメヤンが右足で流し込み、2-0とリードを広げた。

 前半27分にも相手のロングボールをDFマルク・バルトラがヘディングで跳ね返すと、これが相手最終ラインの背後に抜け、フリーで抜け出したオーバメヤンがハットトリック達成となる追加点を奪った。3-0で折り返した後半3分にも相手ゴール前でボールを奪取したプリシッチからパスを受けたオーバメヤンがこの日4得点目。これで今季通算11得点目となった。

 4点を追う展開となったハンブルガーSVも後半10分、MFニコライ・ミュラーのゴールで1点を返す。9月10日の第2節・レバークーゼン戦以来、チームとして実に8試合ぶりの得点。同15分にもMFミハエル・グレゴリチュがゴールネットを揺らすシーンがあったが、直前のプレーでファウルを取られて得点は認められず、後半19分、酒井の左足ミドルもGKにキャッチされた。

 ドルトムントは後半23分、プリシッチとモルに代えてMFアンドレ・シュールレとMFウスマン・デンベレを投入し、両サイドを変更する。同31分にはそのデンベレがダメ押しゴール。5-1と試合を決定づけると、同36分に2失点目を喫したが、そのままタイムアップを迎え、5試合ぶりの勝ち点3を手にいた。一方のハンブルガーSVは今季ワーストの1試合5失点で3連敗。開幕から2分8敗と、いまだ勝利を挙げられずにいる。


aubameyangfbl.jpg





続きを読む
  1. 2016/11/06(日) 04:52:32|
  2. ドルトムント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川ドルトムントに異変?CL戦でオーバメヤンがメンバー外、早くも彼の移籍先を探し始める海外のサッカーファン達―海外の反応―

39FEF7C600000578-3898948-image-a-41_1478118961243.jpg
ドルトムントに内紛!? オーバメヤンがCLスポルティング戦、「チーム内の問題」で謎のメンバー外

CL16強進出も今季10得点の韋駄天がスタンド観戦
 今季も10得点とゴール量産中のエースに何が起きたのだろうか。ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが2日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)スポルティングCP戦(1-0)でメンバー外となり、スタンドから観戦した。トーマス・トゥヘル監督は「チーム内部の問題」と語り、欠場の理由を明言しなかった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 事前の予想先発にも名を連ねていたオーバメヤンだが、スタメンはおろかベンチメンバーのリストにもその名前はなかった。その理由をトゥヘル監督は「チーム内部の問題だ。内部に留めておくことになる」と語っており、負傷によるものではないと語っている。

 規律違反などによってメンバー落ちとなった可能性が考えられているが、トゥヘル監督はこれについて明言を避けたという。リーグ戦7得点、CLで3得点を決めている不動のエースに何が起きたのかは明かされぬままとなっている。

ヴァッケCEOも「チーム内の理由と言うのは確かだ」
 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEOは「チーム内の理由と言うのは確かだ。私が言うことは何もない。しかし、ハンブルクとの試合で、彼がフレッシュなのはいいことだ。ハンブルクとの試合にはスカッドに戻る」と説明。クラブ首脳はストライカーの出場停止処分は1試合に留まることを明言している。5日のブンデスリーガ第10節の敵地ハンブルガーSV戦には問題なく出場できるようだ。

 ドルトムントはエース不在のなかでスポルティングCPに1-0で勝利。決勝点を挙げたのはオーバメヤンに代わってワントップに入ったFWアドリアン・ラモスが決めたものだった。勝ち点を10に伸ばしたドルトムントは首位をキープし、グループF一番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。

Football ZONE web

続きを読む
  1. 2016/11/03(木) 14:21:00|
  2. ドルトムント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ダービー男爆発ならず―香川先発ドルトムント、宿敵シャルケにスコアレスドロー―海外の反応―

1477758085633.jpg


続きを読む
  1. 2016/10/30(日) 04:42:16|
  2. ドルトムント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
Powered by 複眼RSS 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。