週末のレビュー

海外サッカーの話題中心に翻訳してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013/10/05 インテル vs ローマ-海外の反応-

ガルシア、7連勝に満足もスクデットは考えず

GOAL 10月6日(日)10時45分配信


ガルシア、7連勝に満足もスクデットは考えず

'RUDI GARCIA ROMA INTER-ROMA SERIE A'

ローマは5日、セリエA第7節でインテルと対戦し、敵地で3-0と勝利した。ルディ・ガルシア監督は満足感を表しつつも、スクデット獲得について考えるのは早すぎると慎重な姿勢を見せている。

立ち上がりこそインテルにやや優勢に立たれたローマだったが、FWフランチェスコ・トッティのゴールで先制すると、FWジェルビーニョが倒されて得たPKをトッティが沈めて加点。さらにMFアレッサンドロ・フロレンツィが3点目を決め、前半だけで試合の大勢を決めた。

試合後、ガルシア監督はイタリア『スカイ・スポーツ』で次のように話している。

「チームのコレクティブなスピリットが気に入ったよ。我々は気持ちを込めて戦った。特に後半だね。選手たちは1センチたりとも譲らなかった。我々はまさに男の試合をしたよ」

「カウンターがほぼ完璧だったと思う。後半にボールをキープできなかったのは残念だが、すでに3-0だったからね。インテルには才能ある、強い個々の選手たちがいる。だからこそ、インテルにスペースを与えにために、もっとボールをキープしたかった」

開幕7連勝、20得点1失点と、ここまで見事な結果を残している今季のローマ。この強さは本物だという声が強くなっているが、ガルシア監督は気を緩めていない。

「スクデット? まだリーグ戦はたくさんの試合が残っている。どうなるかは、これからを見ていこう。私は、まだたくさんのことが足りないと思っているよ。サン・シーロで勝つのは常に難しいことだ。だが、選手たちがやっていることに私は満足している。チームとしてプレーした。キャプテンであるトッティのようなリーダーがいる。彼が、追うべき道を示してくれたんだ」

そのトッティについて、ガルシア監督はさらに賛辞を送っている。

「彼をイタリア代表に? 私はローマの指揮官だから、それについてはコメントできない。フランチェスコはサッカーの歴史上で最も偉大な選手の一人だ。こうやって彼を見ることができるのは、うれしいことだし、本当に素晴らしいことだよ」



(C)Goal.com


(海外の反応)
・ゴーーーーーーーーール!
 このチームを愛してる
(ローマファン)


>頑張れローマ!(リバプールファン)


>>悪いけど、リバプールファンから頑張れって言われると動揺してしまう
 83/84シーズンのCLファイナルの事で未だに泣き続けてるんだ(ローマファン)


・ローマがスクデット取ったらどうする?

>泣くかもね
 シーズン始まる頃にローマファンが感じていた事を考えると
 これは夢だよ(ローマファン)


>>2年前のユーベのスタートに似てるね


>自分の人生の最高の日になるさ


>ローマまで飛んでいってトッティの足にキスをするさ


>起こりえないね、ハネムーンはもうすぐ終わるさ


>>ネガティブな奴だな
 7試合はハネムーンの期間じゃないぞ
 俺達は今年強い、現実に目を向けろよ 俺達がピッチの上でやってる事に目を向けてみな


>>>あんたが間違ってるとまでは言わないが、俺にはローマがスクデットを取るなんて考えられないな
 他のチームがガルシアの戦術を見破るまでの時間の問題さ
 そしたら、ローマは結局勢いが止まる事になる
 怪我人も出てくるだろうし、日程にも恵まれてない
 11月中盤には順位表の中盤になってるだろうね


>>>>ガルシアの戦術がそう簡単に見破れるのなら他の監督はすでにやってるだろうよ
  なのに他のチームはまだうちらのデフィンスを引き裂いていないし、うちらにゴールを許し続けている
  調子が落ちるだろって?
  これだけ毎試合ゲームに勝ってると調子の落としようがねーよ
  これまでの所明らかにうちらがイタリアで一番ノってるチームだ
  だけどまだリーグで抜け出してるってわけじゃないな
  ナポリ、ユーベ、インテルも伸びてくるだろうし


・ローマとフィオレンティーナはスクデットを取って欲しいって思う2チームだ
 もし、うちらにチャンスが無かった場合ね
 いつもの"容疑者"がスクデットを取らない事を望むよ 絶対にね(ナポリファン)


・トッティはすごくセクシーにカウンターを仕掛けるね
 forza roma!


・もし、ヨーロッパのコンペティションがあったらダメージだったろうね


なんてシュートだ トッティ…


>あの距離からだぜ 去年のオリンピコでのユーベ戦の強烈なシュートを思い出す


・TOOOOOOOOOOOTTTTTTTTTIIIIIIIIIII


・トッティは神


・驚くべき才能、20年もの経験、彼はピッチの上のボスだ


・ジルヴィーニョがいきなりワールドクラスになったね


>リール時代よりだいぶ良いよね
 ガルシアがとイタリアのリーグが完璧に彼に合ってるんだろうね


>ワールドクラス?言いすぎだろ
 その言葉はメッシ、ロナウド、イブラヒモビッチ、リベリに捧げられる言葉だ
 ジルヴィーニョなんてかすりもしない


>>冗談だよ 力抜けって


・ジルヴィーニョがアーセナルで役立たずだったなんて信じられない!


>彼はもともと良いドリブラーだったよ
 1対1はアンタッチャブルだった、でも相手バイタルエリアで彼の判断は常にクソだった
 質の悪いクロスがいつも宙に漂っていて、カウンターではあまりによく転ぶし、何か足りない選手だった
 個人的には自信の無さに起因してたように感じる
 もしくはアーセナルのコーチと合わなかったのか、イングランドって国が合わなかったのか
 もしかしたら彼はスパーズファンだったかもしれない
 でもリールで彼はアザールの次に良い選手だったよ(チェルシーファン)


>イギリスのマスコミと一般の人々の期待は新しい外国人選手を破壊してる


>彼のフランス時代の評価を何人かから聞いたんだけど、彼を"戦術的な天才"って表現してたね
 アーセナル時代もスペースを見つけたり、スペースを作るために良い走りを見せたりするのは上手かった
 決定力は水準以下だったけどね
 だから、戦術に重点を置いてるイタリアのサッカーは彼に合ってると思う
 でも試合のスピードだとかデフィンダーに対する取り掛かり方はやっぱイギリスとは違うし
 アーセナルはカウンターあまり使わないチームだったからちょっと戸惑うかもね(アーセナルファン)


>>なるほど、分かりやすい解説をありがとう
 ローマには視野の広さやパスセンスがえげつない選手がいるから
 ジルヴィーニョが良い走りを見せたら必ず見つけ出して美しいパスを送るだろうね
 それに、彼は今すごく自信を持ってプレーしてるよ


・なんてカウンターだ
 美しいトッティのプレーから全ての攻撃が始まっている


・プランデッリはトッティを本当にイタリア代表に熟考すべきだ
 この3-0の結果に奴はどれだけ貢献したよ



>プランデッィだってそうしたいだろう
 でもトッティが行くのを拒んだんだよ
 何年か前彼は自分のキャリアをローマに捧げるって宣言したしね
 トッティは何度も代表への誘いを丁寧に断っているよ


・ガルシアはローマで上手くいかないって言ってた奴らってまだ息してるの?
 今でさえフランスのいくらかのファンはリールで彼が上手くやったのはアザールのおかげだって言ってる
 ローマでの仕事は荷が重いぞってね
 見ろよ!チームはこんなにまとまってる


・ジルヴィーニョが良いプレーしてるのを見ると幸せな気分になる(アーセナルファン)


・ジルヴィーニョが今年初のアシストだ!
 彼とトッティはすでに連携を確立してるように見える


No Totti No Party


今、俺がこのチームに対して持ってる感情を言い表す言葉が見るからない 

参照:http://ja.reddit.com/r/soccer/comments/1nsro9/match_thread_interroma/
関連記事

スポンサードリンク

  1. 2013/10/08(火) 09:16:51|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013/10/06 ユベントスvsミラン-海外の反応- | ホーム | 2013/10/05 サンダーランド vs マンチェスターユナイテッド-海外の反応->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Powered by 複眼RSS

トラックバック

トラックバック URL
http://footballavi.blog.fc2.com/tb.php/11-024161ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。