週末のレビュー

海外サッカーの話題中心に翻訳してます

CL、マンチェスター・ユナイテッド、強豪バルセロナにホームで0-1の敗戦、海外のサッカーファンは試合内容を酷評―海外の反応―

download_convert_20190411101821.jpg




・驚くべき事に、バルサの出来は悪い
このゲームは俺が期待していた物とはならなさそうだ
中立の立場としては、興味深いけどね
12112868-6908457-image-a-20_1554924282120_convert_20190411101852.jpg

Manchester United 0-[1] Barcelona : Suarez 12'

・近頃のヤングは完全にゴミだ


・マン・ユナイテッドは、右サイドバックに多少まともな奴置いときゃすでに2つのゴールを奪っちまってたこったろうよ
アシュリー・ヤング最悪だわ


・VARによって救われ、VARによって殺される


(アーセナル)
・線審はオールド・トラッフォード・マジックなんざVARで取り消されちまうだなんて事すっかり忘れ去っちまってたんだろうよ


12112934-6908457-image-a-19_1554924278874_(1)_convert_20190411101838.jpg

・これ以上に名コンビを上げてみてくれ、スアレスとオールドトラッフォードでのゴール


・数か月前のユナイテッドにはさぞ興奮させられた、今の彼等は元のクソチームへと再び姿を戻したけどね


(バルセロナ)
・ここ何年間かでサイテーなバルサのパフォーマンス、それでも勝っちまうんだとさ


(マン・ユナイテッド)
・本当、酷いレフリーだったな、あんまりにも一貫性が欠けている


(バルセロナ)
・ひでえクオリティのゲーム


(バルセロナ)
・カンプノウでバルセロナを打ち負かすのはとても難しい、俺達にとっていい結果だよ


(マン・ユナイテッド)
・アシュリー・ヤングは、モイーズ政権下から全く成長出来ていない


・バルサがデ・ヨングみたいなミッドフィールドを買っちまった理由が分かった気がする
ブスケツは深刻な下降線を描いているみたいだ


(バルセロナ)
・盲目のレフリーと共に、ひでえゲーム
ブスケツは前半終了時点で下げられちまうべきだった


(リバプール)
・バルセロナは澄ました顔しながら0-1で勝っちまった


(レアル・マドリー)
・ヤングっていつもあんなに酷いの?


Re.
(ヘルタ)
YES


(バルセロナ)
・完全に糞ゲーだし、気分が悪くなるパフォーマンス


(バルセロナ)
・ユナイテッドは、試合の間中、左で、右で、中央で、バルセロナからボールをくすね続けた
ただ、いざ彼等がゴールを奪わんとする時
ファイナルサードにゃ誰もいやしない
まるであいつらってボールを持った時、自分達が何すりゃいいんだか全く分かっていないって感じだったよ
あいつらってば、ただロングボールを蹴り続けた
ウィンガーは駆け上がったり、戻って来たりをコンスタントに繰り返す
ボックスの中に放り込まれたクロスは数え切れず…
でも、ユナイテッドにはバルサ相手に90分間、大量のエネルギー/根性を使って激しくプレスをかけましょう以外に何のコンセプトも見当たらなかった
ユナイテッドはただそれだけのチームだった


(バルセロナ)
・大いに安堵したが、間違いなく俺達はセカンドレグでもっと素晴らしいプレーをする必要がある
俺達は大いなるエネルギーと創造性を持って試合に入っていった
しかしながら、その後は近年に見続けているような典型的なアウェーのバルセロナへと姿を変えていった
カードを食らったブスケツは下げられちまうべきだったが、レフリーはどちらのチームに対しても不味い判定を下し続けていた
それにも関わらず、アウェーでの0-1の勝利はとてもいい結果だ

デンベレの先発復帰への興奮が隠せない
彼はゲームを変えるよ
相手ディフィンダー連中を震え上がらせ、メッシに中盤でより多くのスペースを与える
コウチーニョのプレーはそう悪いもんじゃなかった
前半戦の彼は堅実だったよ
セルジ・ロベルトは投入されてから悪かったように思ったけどね
今夜の彼は、判断が本当に遅かった


・ユナイテッドは90分間でゼロのショットオンターゲット
OGS(スールシャール)は負けないチームを仕掛けてきた


・正直、バルサにとってこの試合結果は良い
1-0のリードを得ている中、アトレティコ戦後の疲弊した状態にあるバルセロナの選手達がリスクを犯す必要が無い
それに、ホームでのセカンドレグに向けて何人かのキープレーヤーを温存する事にも成功した
見てて楽しめる試合では決してなかったし、バルセロナはもっとゴールを奪えただろうとも思う
特に後半戦終盤にかけてマン・ユナイテッドの選手達は足が止まっていたからね


(ニューカッスル)
・マンユー頑張ったな
彼らのゲームプランは守備面でとても上手くいっていたのだと思う
バルサが気持ちよくプレーしていたようには全く見えなかった
でも、あんたらも目撃したはずだが、ユナイテッドの連中は70分かそこらでガス欠起こしちまっていた
8日もの間があったはずなのにね
俺にはカンプノウでユナイテッドが、今夜の激しさを再現する事が出来るようにはまるで思えない


・一晩中、バルセロナはギアをセカンドに入れた状態でプレーしちまってた
サードやらフォースに入れる必要なんざ無かった
ユナイテッドの無意味なフォワードのプレーやらランニングは、最終的にゼロのショットオンターゲットへと帰結した
完全に牙の抜けちまったチーム
次のラウンドはバルサ楽勝だな


(バルセロナ)
・アルバとブスケツのとても低調なパフォーマンス
彼らのプレーがここまで悪かったのはが、いつ以来だかがまるで思い出せない
ピケとラングレはとても堅実だった
コウチーニョの代わりにティンバナスを観たい気もするけど、次のゲームではデンベレが楽しみだ


(バルセロナ)
・どんな試合だったかを表現するのかが難しい
ただ、チャンピオンズリーグでのアウェーでの勝利に嬉しく思う、バルサにとって必要なものだからね
試合の間中、フットボールのリズムを感じる事が出来なかった
毎週俺が、プレミアリーグを見る環境にいない事を嬉しく思う
彼等のゲームプレーは、ただただ悲しい


(バルセロナ)
・プレー内容は悪かった
見てて面白い試合でも無かった
でもノックアウトステージ、アウェーでの勝利はどんな時でもいいもんだ


(リバプール)
・なんてだらしない試合
バルサは本当に期待外れだ、もっともっと素晴らしいプレーをしてくれるもんだと思っていた
最初の15分間、彼らのプレーは素晴らしかったが、それ以降は尻すぼみだったね
ユナイテッドのディフィンスは思っていたよりも良かった
ただ攻める事に関して、クロスを上げる――それ以外の具体的なアイデアがまるで無かった


・どちらのチームにせよ素晴らしかったとは言い難い
でもバルサはやらなきゃならない任務を達成した
オーレの戦術は間違っていたように感じる
後半戦、4バックに戻したのは正しい判断
でも、ダロトを下げるんじゃなくて、率直に言って酷いプレーしていたヤングを下げるべきだった
ユナイテッドの中盤3枚はしっかりしていたにせよ
ラッシュフォードとルカクの両選手は、彼等に対して充分なサポートをしているように見えなかった


(バルセロナ)
・トリプルピボーテ/2重の右サイドバックの戦術は機能したが、見てて寒気すら覚えるもんだった


・マクトミネイは一級品だったよ今夜


(マン・ユナイテッド)
・ヤングでなくダロトを下げちまった理由ってのがさっぱり分かんない
それに、俺達ってルカクを下げちまってからより多くのクロスを放り込み始め
ラッシュフォードが引いちまった後、テア・シュテーゲンにとりたてて仕事を与えなかった
あんな風に失点しちまうのは頭が痛い
ショーは不味いポジショニングによって、スアレスを見失い、自身はボールをネットに送り込んだ人物として名前を残しちまった
マクトミネイとフレッジのパフォーマンスを誇るよ
アシュリー・ヤングに関しては何も言うまい……


(バルセロナ)
・マクトミネイ気に入ったぞ
試合の間中、俺達の中盤のプレーを彼が難しくしていた
アシュリー・ヤングがなんでマンチェスター・ユナイテッドでのプレーが許されているのかがさっぱり分からない
完全に酷い
コウチーニョは平常運転
激しく動き回り、何かしら特別なチャンスを産み出す訳ではないが、ミスをやらかす事も無い
セカンド・レグ、コウチーニョに変えてデンベレを起用すれば、良いスピードのスイッチになるはずだ
それから次の試合で、ショーが出れないってのは俺達にとって追い風だ
今日の彼、試合の間中堅実だったからね


(リバプール)
・マンチェスター・ユナイテッドは守備的なはずの監督さんが2人続けて、アシュリー・ヤングを生けるブラックホールに変えちまってた


(バルセロナ)
・死ぬ程退屈なゲーム
メッシの出来には本当にがっかり
俺は彼が次のレグに向けていくらかの休養が与えられる事を望むよ、そんで次回の爆発を期待したい


(リバプール)
・正味バルサのいくらかのダイブは笑っちまうもんだ
前のラウンドで、バイエルン・ミュンヘンが俺達相手にしでかしちまってたのと同じ位酷い


(アーセナル)
・時々、ラッシュフォードには落ち着きが無さすぎる
奴のプレーって俺にはフラストレーションが溜まり過ぎる、俺がユナイテッドファンじゃないってのにだ


(アヤックス)
・俺の意見だと、OGSはバルベルデに戦術の勝負で完全に勝利したんだと思う
ただ、マン・ユナイテッドにはタレントと、このレベルで戦えるスカッドが欠けていた
マクトミネイとフレッジ、そしてポグバの中盤はバルサの中盤を完全に制圧していた
アシュリー・ヤングとラッシュフォードだけが、与えられしチャンス、その全てを無駄にしちまっていた


Re.
(バルセロナ)
OGSはバルベルデに戦術の勝負で完全に勝利したんだと思う

ゼロのショットオンターゲットでか?笑わせんな


・ユナイテッドの選手連中はアスリートとしちゃ優秀だ、フットボーラーとしては目も当てられんがね


(スパーズ)
・中立にとっちゃ糞ゲー


・ブスケツとラキティッチ、よりひでかったのはどっちだ?


・OGSはアシュリー・ヤングが使えないってのに気づく必要がある
そもそもが最初に下げられちまうべきだったのは、奴のはずなんだ


(バルセロナ)
・お前ら、俺達とリヨンとの試合もう忘れちまったってのか?
アウェーの試合で俺ら糞だよ
俺には、ユナイテッドがカンプノウで蘇る事が出来るようには到底思えない


・マクトミネイはまともだった、そして誰かヤングをヤッちまってくれ


(マン・ユナイテッド)
・今夜、マクトミネイとフレッジはこれ以上ないプレーをしてみせてくれた
あいつらほぼほぼ、完璧に近い内容のプレーしてくれたよ
バックラインのしょうもないミスが、またしても俺達に代償を支払わせた
ユナイテッドのセンターバックに関する状況が、時間と共にいくらか解決してくれる事を望む

右サイドからのクロスの質もまた俺達にとって高くついちまった
アシュリー・ヤングは、こういった類の試合で先発を飾るのにふさわしい選手では全くない
過去3人の監督達が、彼をスカッドに組み込み続けているのは、絶望的な失態だ

それにこれもまた言わなきゃな
ロメウ・ルカクはマンチェスター・ユナイテッドのワントップとして充分に良いとは言えない
出て行くべきだ
ポグバとラッシュフォードは、正しくリンクアップ出来るユナイテッドに相応しい選手


(チェルシー)
・ユナイテッドはディフィンスを頑張ったさ
中盤で築き上げた堅実なブロックが、バルセロナの創造性の首を絞め続けた
ラッシュフォードには3度、フリーキックのチャンスがあったが、テア・シュテーゲンに一つとして仕事を与える事は出来なかった


・三角コーナーですらアシュリー・ヤングよかいいプレー見せるこったろうよ

12114972-6908457-image-a-36_1554927641354_convert_20190411101903.jpg


・ユナイテッドのプレーには、全く好印象を持てなかった
もちろん、いくらかの称賛の言葉を捻りだす事は出来る
例えばマクトミネイ、そして特にフレッジ
ポグバと他何人かの選手もまともな試合をしたよ

でも、ショットオンターゲット無し?
マジで…頼むわ
バルセロナにしたって強いチームには見えなかった
率直に言うが、すこぶるチーム状態が悪いようにすら見えた
アウェーゲームでのバルセロナに一体何が起っちまったんだか、俺には分からないね
でも、もしバルセロナがホームでうんと良いプレーを見せてくれるチームだってんなら、俺はリターンレグを観たいとすら思わない
俺はユナイテッドが粉砕されちまう姿を見るのが恐いんだ

このスカッドがどんだけ悪いんだかを眺めちまってると薄ら笑いがこぼれる
ヤングはメチャクチャ酷い
奴に関しては、もうかける言葉が何も見つからない
いくらかの奴等は、ダロトでなくヤングが下げられちまうべきだったなんて言うが
70分過ぎた頃のダロトは走る事すらままならない
ダロトが下げられちまったのは、単に疲労が理由だよ

言いたいのは、ユナイテッドのフィジカルはもう壊れている
多分、オーレ(スールシャール)が特定の選手を偏重して起用しすぎなんだ
それに関しては、モウリーニョにもいくらか非難の矛先が向けられなきゃならない
でも、今現在、ユナイテッドの選手達は完全にガス切れだ


(ドルトムント)
・アシュリー・ヤングでもユナイテッドのキャプテンになれるって事実が、俺に幾ばくかの勇気を与えてくれる


(マンチェスター・ユナイテッド)
・アルバ、ビダル、ブスケツ、アシュリー・ヤング、全員消え失せちまってくれ
フレッジがマンオブザマッチ


(チェルシー)
・チャンピオンズリーグで、ユナイテッドがホームでショットオンターゲットを奪えなかったのは今世紀初なんだとよ
あいつらが良いパフォーマンスをしていたように振る舞うのはもう止めろよ


(マン・ユナイテッド)
・最近、俺マクトミネイのプレー見る度にあいつの事好きになっちまってる


(マン・ユナイテッド)
・マクトミネイはマティッチのキャリア終わらせちゃうかもしれんな


(マン・ユナイテッド)
・このユナイテッドは俺の夜の営みを思い起こさせる……ただただイケない


・俺の頭がイカレちまってんのか知らんが
ここにはマクトミネイを称賛するコメントがズラリと並んじまってる
でも、奴は何をしたって訳じゃ無い
バルサは早い時間帯でゴールを奪った後引いちまって、マクトミネイにボールを持たせ続けた
そんでマクトミネイは、自分がピルロかなんかになっちまったって勘違いしちまったみてえにボールをピンポイントでピケの頭へと放り続けた
俺はフレッジが良いゲームをした事を認めるよ
それにユナイテッドのセンターバック連中にしたって
バルサがファイナルサードであいつらにかける極少量のプレッシャーの中ではまともな仕事をしていたさ
でも概して糞ゲー
ユーベとアヤックス観た方が良かったなって思ってるよ


Holy hell、マンチェスター・ユナイテッドのファン連中は随分とフラストレーションが溜まっちまったに違いない
彼等がゴールに近づくまでのプレーは良い感じに見えた
―ラッシュフォードとヤング、どんだけ酷いんだ?
俺にしたって史上最高のフットボーラーって訳じゃ無い
でももし俺に、誰かしらタッパがあって横幅もあるターゲットマンを与えてくれりゃ、そいつの近くにクロスを放る事くらいは出来る
……つまり、ルカクは2mもあって横幅もしっかりとある巨漢だ
しかしながらクロスの数々は彼の遥か上空――もしくは大きく横に逸れて通り過ぎちまってた
特にヤングのクロスだなんて直視出来たもんじゃない
機知に富んだプレーってのが試合の間中全く見られやしなかった

同じ事が、光り輝くプレーが一つはあったメッシ以外のバルセロナにも口にする事が出来る
俺はラ・リーガは見ない
だから、俺がメッシのプレーを観るのはアルゼンチン代表の試合位のもんだ
正直に言うが、メッシの凄さが分かるゲームだなんてほぼほぼ無いぞ
彼が、毎週のようにラ・リーガの事を引き裂いちまってようがさ
来週のゲームには、いくばくかの魔法を期待したいね

関連記事

スポンサードリンク

  1. 2019/04/11(木) 10:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ユベントスを粉砕したヤング・アヤックスを海外のサッカーファンは絶賛―海外の反応― | ホーム | ソン、劇的弾でトッテナムはマンチェスター・シティを1-0で粉砕、グアルディオラ采配には不満の声も―海外の反応―>>

コメント

海外に批判されてる攻撃陣を何故か日本のファンは絶賛してるのほんと草
シュート0本でロングボール受けてから何も出来ないルカクが最高だったってよ
低迷期長すぎて目が腐ってるなあいつら
  1. 2019/04/11(木) 14:30:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Powered by 複眼RSS

トラックバック

トラックバック URL
http://footballavi.blog.fc2.com/tb.php/581-5f7fc6e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)