週末のレビュー

海外サッカーの話題中心に翻訳してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ー海外の反応ー<俺達のイングランド>ワールドカップ、死の組D組の話をしようず<そしてイタリー>

イングランドとイタリアが同じ組っていうフットボールファンのハートをくすぐる組み合わせです
スアレスを抱えるウルグアイもなめちゃいけません







・熱帯雨林で行われるイングランドvsイタリアはそりゃ面白いゲームになるだろうよ


・イングランドは
コスタリカ戦、コスタリカは必死に抗うかもしれないがイングランドの勝利だ
ウルグアイ戦、南米で行われるって事を考慮すれば、イングランドはノーチャンスだね
イタリア戦、ここが勝負所だ
イタリアより先に現地の気候に慣れれば、イングランドはなんとか勝利を治める事が出来ると思うよ



このグループではイングランドはウルグアイ相手に3ポイントを取る必要がある
でもイングランドの大きな大会でのグダグダ感や、
南米で開催されるこの大会がウルグアイに有利に働くことを考えると
ウルグアイとイタリアがイングランドを置いてグループリーグを突破すると思うね


・このグループは本当に楽しみだ
特にウルグアイは大きな対戦相手に常に素晴らしいゲームをするからね


・イングランドは十分なチャンスがある
(もし怪我とかで重要な選手を欠いたりしなければね)
このグループで勝ち抜ける2チームを選ぶのは本当に難しいけど
コスタリカは恐らく最下位に沈む事になるだろう
俺はイングランドがデフィンシブな戦術を選択する事になると思う
引き分け狙いみたいな
そうすれば俺達は、ウォルコットやアグランボホール、タウンゼントみたいな
スピード豊かなウィンガー達をより輝かせる事を意味する



・イングランド人として、このトーナメントに自信を持ってる
ユーロで俺達はイタリアと引き分けたし、調子の良い時の俺達ならウルグアイも片付ける事が出来るだろう
イタリアもウルグアイに勝つだろうから、イングランドは突破できる
それから決勝トーナメントの初戦がコロンビアか日本になるだろう事も嬉しい響きがあるね


・変な話だけど、決勝ラウンドに進出したら、
初戦はきっとイタリアやウルグアイよりもやり易い相手になるんだよね


・スアレスにはイングランド相手にハットトリックを決めて欲しい
1つはマラドーナみたいに手で、2つ目はスアレスの素晴らしいダイブから得たPKで
最後に素晴らしい股抜きでイングランドのデフィンスを切り裂いてから3点目だ



>もしお前が言った事が現実になったら
奴はイングランドに戻ってきた瞬間に殺されるだろう


>奴はイングランドに戻ってこれないよ
スアレスは元々イングランドで、MR.人気者じゃないからね(リバプールを除いて)


・俺の予想はイングランドは全てのゲームで引き分け
(コスタリカ含む)


・ウルグアイとイタリアが決勝進出を決めるだろう
コスタリカは1ポイント取れただけで国中大騒ぎだろうね


・幸運を祈るよイングランド、USAより



1.イタリア
2.ウルグアイ
3.イングランド
4.コスタリカ

……俺の意見だけど…



>お前の意見じゃなくて、みんなの意見だよ


・ウルグアイはホームでプレーする時以外はそんなに良いチームじゃない
攻撃はさておき、ウルグアイについてそんなに心配していない
奴らの黄金期は過ぎ去った

それに重要なポジションに新しい血を入れる作業が必要なはずだ
だから特別なことが起こらない限りイングランドはイタリアと共に決勝ラウンドに進めるはずだ


・イタリアは突破するだろうけど、接戦になるだろうな
毎回の事だけど、彼らは自分達のファンをジラスのが大好きだからね



>正しい、
コスタリカ相手に引き分け、ウルグアイに惨敗、イングランドから勝利を奪って勝ち抜ける
こんな感じになっても何も驚かない


でも大きな大会じゃ、素晴らしいプレーを見せるようになった
モチベーションを持った時のイタリアは素晴らしいよ
前回大会では、コーチ陣が大失態を引き起こした
でもそれは過去の話だ、イタリアはまた1つのチームとしてまとまった
決勝に行けるって信じてるよ、デフィンス陣がチョンボを起こさない限りね


>>バロテッリがピッチの上で馬鹿げた事件を起こして退場にならない限り
 イタリアには大きなチャンスがある
 でもデフィンスラインに対するお前の懸念は正しいな
 コンフェデで見たイタリアのデフィンスラインはあまりにももろ過ぎた



>もしバロテッリがなんかしらの事件を起こして居なくなってしまったら…


>>バロテッリが居なくても、ロッシが居る
 バロテッリ、インシーニェ、チェルチ、ロッシ、これらの選手を前線に配備して
 ピルロに美しいロングボールをたくさん蹴ってもらおうか
 これでも十分イタリアは決勝ラウンドに行ける


・イタリアは、イングランド、コスタリカ、ウルグアイって順に戦っていく
スタートダッシュを決めることはイタリアにとって不可欠だ
最終戦のウルグアイが自分達のホームの近くで戦える事
また彼らの持つ驚異的なフォワード陣の事を考えると、どれだけ恐ろしいチームになるか分かりゃしない


・ウルグアイ相手に先制を許しちゃいけない
もし前半の早い時間帯にゴールを決められたりなんかしたら、ウルグアイの攻撃陣は止まらなくなるだろうね
スアレスやカバーニは恐ろしいストライカーだが、
奴らの能力は相手が前がかりになった時により一層凶暴性を増す

彼らを一旦のせてしまったら、彼らを止める手段は無いだろう


・最初のゲームは文字通り、熱帯雨林の中で行われる
イングランドもイタリアもこの気候に手こずる事になるだろう
イタリアの鍵の1つはコスタリカ相手にヘマをしない事


・やあ、みんな!コスタリカ人だ!
今、みんなの俺達を軽視するコメントを見続けて胸を痛めてる所だ:(
君達の国が僕達を相手にポイントを落とす事になってみろよ
気をつけなよ、それがグループリーグの結果を左右するかもしれないからさ


>もし、イタリアがどこかでヘマをするとしたら
多分コスタリカだろうな



>イタリア人として言わせて貰えば
前回のワールドカップで、ニュージーランド、パラグアイ、スロバギアのグループで最下位だったからね

コスタリカを軽視なんか出来ないよ


>俺もコスタリカ人だけど
コスタリカがワールドカップでイタリアに引き分けでもしたら国中が絶叫するだろうね


俺は今、イングランド人達のみじめったらしいあえぎ声を聞いている
(これはイングランドのくだらない伝統行事だ)
恐らくここの奴らは、ウルグアイの南米予選のパフォーマンスを知らないんだろう
何ヶ月か前の奴らの南米予選を見たとき、そりゃ酷い物だった
中盤はまったくゲームを支配できずに、
デフィンスは年老いすぎていてどの試合も残り10分を残した状態で電池切れだった
ウルグアイはフォルラン(年寄り)
スアレス(代表戦では気まぐれ、調子が不安定特にチームが噛み合ってない時)、カバーニ(スアレスと同じく)
に依存しすぎてる
もしチームが噛み合った時、そりゃ奴らは怖いよ、才能あふれるチームだからね
でも南米予選のパフォーマンスを見る限り、そこまで奴らを恐れる必要は無いように思うね


・ウルグアイ人だ
このグループの組み合わせに満足してるよ
一部のメディアはグループGを死のグループって呼んでるけど
個人的な意見を言わせて貰えば、このグループが死のグループだと思うな
(コスタリカは確かに一段レベルが下がるけど)
ウルグアイは、相手が大きければ大きいほど、良いパフォーマンスを見せるからね
良い結果になる事を期待している


http://ja.reddit.com/r/soccer/comments/1s9f5z/world_cup_group_d_discussion/
関連記事

スポンサードリンク

  1. 2013/12/12(木) 19:01:11|
  2. ワールドカップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ー海外の反応ーシティがアーセナルを6-3で粉砕ー12/14 | ホーム | ー海外の反応ー"10番"本田ついにミラン移籍へ!>>

コメント

どこが日本とやるのやら
  1. 2013/12/12(木) 21:53:09 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

イングランドはアーセナルの選手たくさん起用して、インテリジェンスフットボール目指せよ。
間違ってもマンUからはルーニー以外呼ぶなよ。
  1. 2013/12/13(金) 01:07:32 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

ほかのグループの反応ってあまり見られないので嬉しい
ありがとうございます!
  1. 2013/12/13(金) 02:19:36 |
  2. URL |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Powered by 複眼RSS

トラックバック

トラックバック URL
http://footballavi.blog.fc2.com/tb.php/65-9ff0b65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。